大切な時計だからこそ|オメガの時計は定期的にオーバーホールを行うことで半永久的に使える

オメガの時計は定期的にオーバーホールを行うことで半永久的に使える

メンズ

大切な時計だからこそ

ウーマン

高級腕時計メーカーの歴史

世界最大の時計メーカー、スウォッチグループ傘下で、スイスの大手高級腕時計メーカーであるオメガは1848年、ルイ・ブランという時計職人により、懐中時計の工房として、スイスでその産声をあげました。以来、ルイ・ブランの息子であるルイ=ポール・ブラン、セザール・ブランがその経営に加わると、会社の規模は飛躍的に向上していきました。1880年には部品から組み立てに至るまで、全てを自社で行う、一貫生産体制を整え、その後、1948年にはオメガの人気シリーズである「シーマスター」、1957年には「スピードマスター」を開発し、1966年には、その耐久性や精度の高さから、アメリカ航空宇宙局(NASA)公認クロノグラフとなり、実際にアポロ計画でも使用されるなど、その地位を確立していきました。

繊細な時計

オメガの腕時計のような、ゼンマイを動力源として動く時計を機械式時計と呼びます。機械式時計は、電池を交換し、特に故障がなければ、動き続ける電池式の時計とは違い、オーバーホールと呼ばれるメンテナンスが定期的に必要になります。オーバーホールの際は、一旦時計を分解し、部品を洗浄、組み立てから注油といった精密な作業を行い、必要であれば、部品の交換などもします。そして、オメガのシーマスターのような防水機能が付いた腕時計では、防水性の検査なども行います。車がオイル交換をするように、オメガのような機械式腕時計も、こうした徹底的なメンテナンス作業をすることによって、その機能が衰えることなく維持され、時を刻み続けることができるのです。